読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぜのブログ

Twitterの文字制限が面倒になったとき用

Yellow Calx

はぜです。

Image Song M@ster!!総選挙SP1日目、お疲れさまでした。

 

ch.nicovideo.jp

 

今回は総選挙SPということで、自分なりのダイマも兼ねて担当アイドルである高峯のあさんのイメソンをリクエストさせていただきました。

 

◆高峯のあ/Go Faraway/DJ Noriken feat. Yukacco

www.youtube.com

 

・紹介文

皆さま選挙戦はいかがお過ごしでしょうか?こんばんは、はぜです。

これまでにも何度か高峯のあさんのイメソンを投稿してきたんですが、今回は総選挙SPということで僕にとっての今現在の高峯のあ像・自分なりに解釈してきた彼女の内面を想起させるような楽曲を選びました。

プロデューサーと共にアイドルとして歩んできた幾星霜、他のアイドル達との邂逅を経て、抱えてきた孤独感―――暗闇から脱け出した高峯のあ。今回の楽曲からは彼女の過去と現在、そして未来の姿がクロスフェードしていくかのような印象を強く抱いています。

響き渡る重低音、力強くもどこか儚さの漂うボーカル。この曲を通じて自分が見てきたものを、高峯のあを感じていただければ嬉しいです。

最後に彼女の言葉を借りて、紹介文を締めさせていただきます。

 

胸が……高鳴るの。私に触れて……そして、この音を……感じて

 

 

beatmaniaIIDX23 copulaより、HARDSTYLEの力強いサウンドとボーカルの織り成すパワフルな一曲。ちょいちょいTwitterで呟いてはいたのですが、一回イメソン生で投稿する機会が欲しいなとずっと考えていました。

 曲後半でBPMが一気に上昇しぶちアゲていく流れは生放送の空気を壊しかねないのではと若干悩んでいたんですが、[イグナイトアビリティーズ]にて描かれた彼女のライブシーンにふさわしいと思い投げ込んでみました。

 

f:id:hetahaze:20170422030021j:plain

 

 

高峯のあの一般的なイメージというと「かっこいい」「ミステリアス」「強い」といったところが挙げられるかと思います。

勿論それらはどれも正しいんですが、上記のイメージは「繊細さ」とそれに基づくある種の「脆さ」が同居するものである。というのが3年ほどのP活動を経たうえでの自分の解釈です。

それを裏付ける根拠のひとつとして挙げられるのが、スターライトステージにて描かれたプロデューサーとのあさんの出会い。彼女の纏う独特の雰囲気が大きな魅力のひとつであることは今更言うまでもないのですが、作中世界におけるそれは彼女を「孤独」という暗闇に押し込めていた可能性が示唆されていたものでした。

そんな彼女を光の場所―――アイドルの世界へと導くきっかけになったのは間違いなくプロデューサーによるスカウトであり、1人では決して切り拓けなかったであろう未来への道筋を共に歩んできた結果がいま我々が見ている彼女の姿なのだと考えています。

 

 

今こうして記事を書きながら、改めて投稿した曲を聴きなおしているんですが……高峯のあ像をどこまで伝えられていたのか?という疑念めいた心情が湧き上がってくるのを抑えられない自分がおりまして。迷いを抱えつつも、これが自分のスタイルなんだと胸を張って(≒開き直って)今後もプロデュースしていきたいと思う次第。そんなかんじです。

最後に一言、

 

 

第6回シンデレラガール総選挙、高峯のあをよろしくお願いします。

 

 

ではまた。

 

Where's Your Girlfriend?

はぜです。タイトルは某AFXの楽曲より。

Image Song M@ster!!第十回、お疲れさまでした。

 

ch.nicovideo.jp

 

今回は募集テーマが「アイドルユニットのイメージソング(オリジナルユニット可)」ということで、事前に用意しておいた曲の片割れがお蔵入りになったりしたのですが……募集開始直前の発表に泣きつつも、なんとか2曲分投稿できてほっと一息といったところでした。

ま、それはそれとして。放送後の反省タイムということで、改めてライナーノートというか裏話的なものを書いていこうかと。よろしくお付き合いくださいませ。(※見出しはアイドルユニット名/曲名/アーティスト名)

 

 

◆faint luciferin(高峯のあ&白菊ほたる)/Beyond the Bounds(『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』より)

www.youtube.com

 

f:id:hetahaze:20170205230541j:plain

 

・紹介文

前々からずっと考えていた、のあさんとほたるちゃんのユニット。先日フォロワーさんからいただいたアイディアを組み込んだユニット名が用意できまして、今回ようやく投稿できる運びとなりました
彼女たちのイメージソングとして紹介させていただく今回の楽曲は、ゲーム『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』の主題歌。のあさんの力強さと繊細さ、ほたるちゃんの儚さと意志の強さ。二人の持つイメージを、幻想的かつ疾走感に溢れる本楽曲に重ね合わせてみました。
歌詞はフィンランド語ベースの造語によるスキャットパートと英語によるサビに分かれているのですが、前者はのあさん、後者はほたるちゃんが歌っているということで。二人がBeyond the Bounds―――境界を越えた果てに見るものとは?

 

 

紹介文にも書きましたが、このユニットのイメージはかなり前から温めておりまして。その頃は具体的なことは全然考えてなくて、この二人なら波長が合うし共鳴できるんじゃないかな~ぐらいの漠然としたものでした。イメソン生の存在を知ったあたりから俄かに具体性を帯び始めて、そこから紹介できる形へ持っていくまでが長かった……ユニット名はフォロワーさんからアイディアをいただいたもので、「かそけきひかり」みたいなイメージで捉えていただければと思います。

 

のあさん=ラスボスみたいな風潮については担当Pとして思うところがあったりなかったりするのですが、最近自分の中で設けたテーマとして「のあさんの色々なイメージをイメソンを通して伝えていこう」というものがありまして、こちらでは前述した風潮に全力で乗っかってみました。神話モチーフのスキャットはいかにもボスっぽいのでは?みたいな。宇宙の意思が、人類の無意識が、終末を望んでいるのだ!!

このユニットの原点は「のあさんとほたるさんの“共鳴”」でして、着地点が当初意図していたところから随分と離れてしまったのはご愛嬌ということで。なんなら主人公とボスの共鳴といえばそれっぽいのではないでしょうか。そこはほら、原作でもジェフティとアヌビスは共鳴反応を示すわけだし……ダメ?

真面目な話、「Soon the light may disappear(そのうち光は消えるかも知れない)
Nothing is meant to last(永遠なものなんて無いのだから)
Yet we believe our world(それでも私たちはこの世界を信じる)
Searching for happiness(幸せを求めて)
The blue bird flies away(青い鳥は飛んでいく)」は正しく白菊ほたるらしい歌詞なのではないかと自負しております。怪我の功名という話でした。

 

 

◆インフレイム・トリニティ(高峯のあ・松永涼・二宮飛鳥)/TOXIC VIBRATION/SOUND HOLIC Vs. T.Kakuta feat. YURiCa)

www.youtube.com

 

f:id:hetahaze:20170205232034j:plain

 

f:id:hetahaze:20170205232045j:plain

 

・紹介文
えー、完全にユニット名先行ですw内に秘めた熱情を解き放つトリオユニットということで、この三人をチョイスしてみました。
楽曲はハスキーな女性ボーカル、掻き鳴らされるエレキギター厨二全開な世界観がいかにも「らしい」メロディックスピードメタル。まだまだ寒い季節ですが、三人が歌詞にある「三種の神器として寒さを吹き飛ばすパフォーマンスを見せてくれたら……そんな想いを込めて、この曲をリクエストさせていただきました。

 

 

BEMANIシリーズより、色々な意味で人気(怖くてここには書けない)のメロディックスピードメタル。こちらはユニット限定ということで急遽ひねり出しまして、紹介文がやや薄くなってしまったかな……とメール送信後に若干後悔したのが正直なところ。

ならば紹介用画像でカバーしよう!ということで、楽曲の元ムービーへのリスペクトを込めつつ3人のかっこよさをいかに引き出すかを念頭に置いた結果が↑でした。前回(第八回)から用意している曲紹介用画像はフォロワーのれーねこさんに作っていただいておりまして、髪の部分に各々の色を乗せるのは氏のアイディアだったり。で、赤・白・黒のみの前半から、間奏を経たタイミングで三人のLIVEバトル台詞とともに色を乗せた画像へ切り替わるとライブっぽくなるかも?といった感じです。一曲目もそうですが、自分の投稿は色々な方の助力をいただいて成り立っております。ありがたい限りです。

 

こちらのテーマは紹介文にもある通り、のあさんの「内に秘めた熱情」。そこに飛鳥ちゃんが厨二成分をインプットしつつ、縦ノリの曲調が似合うCoアイドルは涼サンで決まりでしょうという流れ。三種の神器でトリニティ。そんなかんじです。

 

 

 

そんなこんなで、今回の投稿分の解説?記事でした。

それではまた。

Image Song M@ster!!を振り返る②

はぜです。前回記事Image Song M@ster!!を振り返る① - はぜのブログに引き続き、イメソン生にて自分が投稿した曲を振り返っていこうと思います。

今回は第八回

ch.nicovideo.jp

の投稿を取り扱います。(※見出しは【アイドル名/楽曲名/アーティスト名】となっております)

 

 

◆相原雪乃/CHARLOTTE/Db.Saka feat. piasa

www.youtube.com

 

・紹介文
突然ですが質問です。相原雪乃さんの声というと、どんなイメージが浮かびますか?
ぼくの印象ですと、ゆったりとした雰囲気のお嬢様ということもありウィスパーボイスが真っ先に思い浮かびます。
そんな相原さんのイメージソングとして、ボッサのリズムとウィスパーボイスのボーカルが絡み合う優雅な一曲を今回選ばせていただきました。
ゆったりとした雰囲気のお嬢様で浮世離れしているというか底の知れなさを感じさせる彼女ですが、そんな彼女だからこそこういう気だるげな曲はしっかり歌いこなせるんじゃないかなーと思ってます。

 

beatmaniaIIDX 9th style』より、Db.Sakaことmanzo氏による楽曲。軽快なボッサのリズムとウィスパーボイス、ゲーム性を意識したと思われる細かいバックトラックの組み合わせの妙。大好きな曲なんですが、現在アーケードではプレイ不可なのが残念……復活を心待ちにしております

 

f:id:hetahaze:20170114120915j:plain

 

歌詞から感じ取れる世界観には甘くけだるげながらもどこか悲恋の香りが漂っていたりするのですが、その辺も含めたうえでの選曲ということでひとつ。

 

 

 

 

 

 

◆瀬名詩織/ジュゴンの見える丘/Cocco

www.nicovideo.jp

 
・紹介文
瀬名詩織さん。どこか不思議な印象をまとった彼女といえばやはり「海」。
今回は海を愛する彼女の、美しい故郷を慈しむ気持ちをイメージさせる曲を選びました。
海、それは万物の母とも言うべきもの。生命の誕生した場所、かけがえのない大切なもの。
海の持つ神秘性は、瀬名さんの纏う雰囲気に通じるものがあると考えております。
サビの一節「正しい やさしい」は、そんな彼女を象徴するような言葉かなと……
この曲を通して、瀬名さんに持つイメージが伝われば幸いです。
 

Coccoの同名シングルより。強いメッセージ性がこめられていつつも、詩的で美しい歌詞と慈しみに満ちた歌声が印象的な一曲です。この曲に限らず、活動再開後のCoccoの楽曲は初期の狂気を内包しつつも「やさしさ」を感じさせるなと強く感じる次第。

 

f:id:hetahaze:20170114125337j:plain

 

瀬名さんにCoccoの曲を、というのは早期から考えていたものの、「コーラルリーフ」「ジュゴンの見える丘」「珊瑚と花と」「陽の照りながら雨の降る」のどれにするかでだいぶ悩んでいました。最終的な決め手になったのは歌詞にウチナーグチが入っているからといういささか安直なものだったり。瀬名さんのウチナーグチ、いつか聞いてみたいです。

 

 

以上、第八回にて投稿した二曲分の振り返りでした。

この回で投稿した二曲は偶然にもアーティスト被り(manzo→プリンゴさん、Cocco→やよさん)が起きていて、小さくガッツポーズしていたのを覚えていたり。これが酔っ払いのテンションだー

 

 

それではまた。

Image Song M@ster!!を振り返る①

はぜです。遅まきながらあけましておめでとうございます。

2017年もプロデューサーの皆様方と担当アイドルが“輝き”を見つけられるよう、心より祈っております。

 

さて、前回の記事(

http://haze0325.hatenablog.com/entry/2016/12/10/180339)にて、Image Song M@ster!!で自分が投稿した曲のうち二曲ぶんを振り返ってみたわけですが、今回は第五回

ch.nicovideo.jp

にて投稿した二曲について取り上げたいと思います。

(※見出しは【アイドル名/楽曲名/アーティスト名】となっております)

 

 

◆相馬夏美/Jikan Wo Tomete(Feat.Maki Nomiya)/London Elektricity

www.youtube.com

 

・紹介文
相馬夏美さん。ストイックに美を追求するカッコイイ大人の女性、すごく好みです。
そんな彼女のイメージソングとして、爽やかに駆け抜ける夏の風のような一曲をチョイスしてみました。
歌詞の「風に抱かれて二人 あの空をひとっ飛び」という一節、前職がCAの相馬さんにもってこいのフレーズだなと勝手に考えてます。一緒に飛んでいきたいで
この曲に乗せて相馬さんとの二人だけのストーリー、新しい朝へのフライトを是非決めてもらえればと思います。

 

英国DnBレーベルの雄、Hospital Redordsのボス・London Elektricityのアルバム『Syncopated City』より。元はJust One Secondという英詞の曲で、日本語ボーカルへとアレンジを施された楽曲です。ボーカルの野宮真貴さんは元ピチカード・ファイブのボーカリストシンデレラガールズではCool Jewelries! 002にて川島さんがカバーを務めた「大都会交響楽」といえばピンとくる方もいるはず。

 

f:id:hetahaze:20170108145245j:plain

 

楽曲自体がまるで空を軽やかに駆け抜けていくようなイメージがあり、ボーカルの声質も含め相馬さんらしい選曲ができたかなと。

放送時は特にカード絵の指定をしなかったのですが、紹介文を読み返すとどう見ても[明日へのフライト]を意識してますねw放送中の反応も上々で、自分の選曲では今のところこれがベストかなと思っています。

 

 

◆[夜宴の白芙蓉]北条加蓮+/Switched-on Lotus/平沢進

www.youtube.com

 

・紹介文
          からだ
アイドルに憧れながらも身体の弱さ故に一度は夢を諦めかけていた北条加蓮。プロデューサーと出会ったことをきっかけに情熱を取り戻し、人としてアイドルとして成長し現在の彼女があることは今さら言うまでもないでしょう。
そんな加蓮のアイドルとしての歩みに重なる部分が多い曲として、この曲をリクエストさせてもらいました。
プロデューサーの「胸をはり今日を行けよ」と呼ぶ声に目覚め、望まぬ牢――入院生活に根差した厭世的な日々――を去り、夢に見た庭、アイドルとしての晴れ舞台へと昇ってゆく白芙蓉。絢爛の夜に麗しく歌い、たおやかに舞う白芙蓉。荘厳ながら妖艶な儚さが漂う曲調も含め、加蓮らしさがよく表れてるんじゃないかなと。
そんな感じです。よろしくお願いします。

 

オタクにとっては色々な意味で馴染みの深い年齢不詳の62歳・平沢進。彼のリメイクアルバム『SWITCHED-ON LOTUS』より、表題曲となるのがこちら。アコースティック・ギターの音色をフィーチャーしたテクノ・ポップで、輪廻転生をテーマとした氏らしさに溢れた一曲です。

 

f:id:hetahaze:20170108151032j:plain

 

平沢曲にはしばしばLotus―――蓮の花をフィーチャーしたものが出てきますが、その中でも加蓮のイメソンとしてはこれがぴったりだと思っています。

放送中に「イメージソングというよりオーラソング」的な感想をいただいて確かに!と膝を打ったのは良い思い出。イメソンとしてはいささか飛び道具じみたチョイスだったようにも思いますが、この回の私的テーマとして“趣味に走る”を掲げていたので悔いはなかったですね。

 

 

以上、第五回にて投稿した二曲分の振り返りでした。

どちらも自分の趣味(筆者は生演奏より打ち込み派)を前面に押し出していて、初回と比べてやや攻めた選曲になったかなと思います。

 

次回は第八回にて投稿した二曲を振り返りたいと考えています。それではまた。

ご挨拶とイメソン生のこと

はじめましての方もそうでない方もこんばんは。モバマスPをやっております、はぜと申す者です。

普段はTwitter(

https://twitter.com/haze03250817

)で適度に拗らせつつ高峯のあはいいぞと一生叫んでます。

Twitterの文字制限にひっかかる長文考察的なものはこちらでやれればいいかなーと。

よろしくお願いします。

 

 

自己紹介は程々に初回記事。フォロワーの戯念さん(https://twitter.com/rick_ginen)主催の「Image Song M@ster!!」(通称イメソン生)という企画

ch.nicovideo.jp

の第四回以降に何度か参加させていただいているのですが、自分が投稿した楽曲についてつらつら書いていこうかなと。

今回の記事では第四回

ch.nicovideo.jp

にて投稿した二曲について取り上げたいと思います。

(※見出しは【アイドル名/楽曲名/アーティスト名】となっております)

 

 

◆望月聖/Terpsichore/斉藤由佳

www.youtube.com

 

音楽ゲーム「GUITAR FREAKS V5 & drummania V5 Rock to Infinity」より。リンク先の楽曲ムービーと相まって、幻想的かつドラマチックな雰囲気を醸し出す一曲です。

望月聖ちゃんといえば神秘的な雰囲気が印象に残るアイドルなわけですが、そんな彼女の歌声には世界を優しく包み込むようなイメージを持っておりまして。彼女のイメージを引き出したいなと考えた際に、真っ先に思い浮かんだのがこの曲でした。

http://mp.i-revo.jp/user.php/gsgfdm/entry/274.html

上記URLに掲載されている楽曲コメント内の「音楽の力、歌声の力で穏やかな世界を蘇らせる」……[聖なる乙女]で清らかに歌い上げ、歌声の力で蘇った穏やかな世界に佇む[清白の乙女]。そんな情景を思い浮かべながら紹介文をしたためていたことを覚えています。

 

あらためて聴くと聖ちゃんにしては少々声が大人びすぎてるかな?と思わざるを得ないのですが、神秘的な雰囲気を表すならこれはこれでアリということで。

 

 

◆高峯のあ/chrono diver -fragment-/猫叉Master feat.三澤秋

www.youtube.com

 

音楽ゲームbeatmania IIDX 22 PENDUAL」より。『時』をテーマとした楽曲群「Chrono Diver」シリーズのひとつで、疾走感と透明感に溢れた神秘的なドラムンベース・ポップス。

(担当Pとしてはどうかと思いますが)のあさんに対してはいまだに掴みきれない部分を多く感じておりまして、彼女への印象は日々変化しているのが正直なところ。

とはいえ一貫している部分も勿論あって、彼女の寡黙さ・表情の乏しさは「アイドル・高峯のあ」という偶像を保つために本来持っている感情の豊かさをあえて押し込めているのではないか?というのが自分なりの解釈です。

鏡の向こうにもう一人の自分を閉じ込めていて、それは鏡に向かい合う時のみ姿を見せる……そんなイメージ。それを伝えるにはこの曲しかない!と思って投稿しました。

 

放送時ちょっとしたトラブルがあったのですが……今となっては良い思い出。のあさんのイメージソングは他にもいくつか考えていて、そちらについては今後のイメソン生で随時投稿していきたいなと思っています。

 

 

 

以上、簡潔ではありますが投稿した2曲について綴ってみました。

放送時に視聴された方もそうでない方も、それぞれの楽曲を聴きながら彼女たちへのイメージを膨らませていただければ幸甚です。